20代女性に見えない!老け顔の原因はあなたのメイク方法にあるかも?

【AD BY GOOGLE】

20代というのは肌がぴちぴちしていてそれだけで、財産と言わざるを得ないのですが、
メイクによっては老け顔になってしまうことがあります。
それは、大体の場合は厚塗りです。

老け顔 女 メイク
ファンデーションの色が実際の肌の色にあっていなくて、
いかにも塗っていますということになると老けた印象になります。

またアイシャドーに濃い色をつかって目の上にびっしりと塗りすぎたり、
マスカラも2重につけるなど、あまりにもやりすぎによってせっかくの
かわいらしい顔が濃すぎるために老け顔になるのです。

チークなどもつけすぎるのも禁物です。
もちろん、大人っぽくみられたいと意識的にやる場合でしたら時には、いいでしょう。
しかしそれを普段のメークにしてしまうと、とても損をしているということになります。

たまに素顔になったときに周りから、
『かわいい顔をしているね』『すっぴんのほうが良い』と言われるということは、それは塗りすぎということになります。

20代は肌もきれいですし透明感があるのが魅了なのに、ファンデーションが濃すぎたり
毛穴を気にして何重にも塗るということはやめたほうがいいのです。

ファンデーションは自分の肌の色に合っているものを使用するのはもちろんですが、
なるべく薄くのせる事を意識しましょう。

特に目鼻立ちがハッキリしている女性は、「やりすぎ」には特に注意が必要です。

せっかくメイクをしても老け顔になるという残念なことにないように、
自分のメイクは信頼できる人の意見を聞いてみるのもポイントです。

スポンサードリンク

美容マニア」の人気記事

他カテゴリの人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ