美肌と女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の関係とは?

【AD BY GOOGLE】

女性にとって、
「美肌と女性ホルモン」
は切っても切れない関係です。

ここでは、美肌と女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の関係をご紹介します。

女性ホルモンと上手に付き合って、
美肌を手に入れましょう。

美肌と女性ホルモンの関係とは?

40代 モテる女性女性は、
女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が分泌されています。

エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンです。

エストロゲンが分泌されることによって、
肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンにの合成を促進する働きがあります。

このホルモンのおかげで肌のハリや弾力が保たれています。

また、骨を強くする働きもあります。

しかし、エストロゲンはプラスの作用ばかりではありません。

妊娠などによってエストロゲンが増加すると
シミの原因となるメラノサイトが活発になり、
シミやソバカスを増やす原因になります。

また、逆に加齢によりエストロゲンが減ってくると
更年期障害の原因や骨粗鬆症の原因にもなります。

次に、黄体ホルモンの(プロゲステロン)は、
体内の水分量を保ったり基礎体温をあげる乳腺を発育させるなどの働きがあります。

妊娠には欠かせないホルモンです。

しかし、

生理前などに黄体ホルモンが過剰に分泌されると、
男性ホルモンに似た作用が出る場合があります。

その一つが皮脂の過剰分泌です。

プロゲステロンの増加により皮脂の過剰分泌が原因で
ニキビが増えることもあるのです。

女性ホルモンは女性にとって欠かせないホルモンです。

しかし、このホルモンの乱れによって肌のコンディションも変わってきます。

また、ストレスによってホルモンの乱れがおこることもあるので、
ホルモンバランスを整えることが、美肌に欠かせないポイントです。

生理とホルモンバランスの関係とは?

生理前になると、ニキビがたくさん出来てしまうという女性も少なくありません。

これは女性ホルモンであるプロゲステロンの影響です。

生理前になるとプロゲステロンの分泌が多くなります。

プロゲステロンは皮脂の分泌を促進する働きのほか、
胃腸の働きを弱め、便秘になりやすい状態を作り出します。

これらの作用によってニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。

閉経とホルモンバランスの関係とは?

日本人の平均閉経年齢は約50歳と言われています。
50歳前後になると更年期と呼ばれる期間になります。

更年期になると、
女性ホルモンであるエストロゲンの量が減少していきます。

これによりターンオーバーが遅くなりバリア機能が低下し、
乾燥肌や肌荒れの原因となってしまいます。

更年期に入って肌あれなどが気になりだしたら、
積極的に大豆イソフラボンなど女性ホルモンに
似た食品を積極的にとるようにしましょう。

また、活性酸素を取り除くビタミンC
などが含まれたレモンやトマトなど野菜も積極的に取り入れましょう。

まとめ

女性にとって、美肌とホルモンバランスは切っても切れない関係です。

しかし、ストレスや生理、妊娠、更年期などによって、
ホルモンバランスの乱れは避けて通れない問題です。

しかし、どういったときに、ホルモンバランスが乱れるのか?
知っておくことで、対策を行うこともできます。

うまく、女性ホルモンと付き合っていくことが、美肌をつくるには大切です。

スポンサードリンク

美容マニア」の人気記事

他カテゴリの人気記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ